♪ relax time ♪

マンガ・小説・ゲームを中心に私的感想を日々綴っています   激しくネタバレ注意!

『箱庭のソレイユ』1~2巻 川端志季

 

 

・・・解説・・・

犯人はその教室に通う“天使”と呼ばれる少年だった。

それから5年後、あさひは有希の弟である伊月と出会う。

事件が風化しつつある今でも「天使が犯人ではない」と信じるあさひと

「姉の死」の理由を知りたいと願う伊月は、

ふたりで事件の真相を探ることを誓う。

 

 

 

ミステリーですね。

 

弟の伊月と、ヒロインあさひと幼馴染の天使。

 

憧れの美術教室の女性の死を巡って物語は進んでいきます。

 

 

天使は犯人じゃないのはわかります。

 

どういういきさつで天使が犯人となったのか

そこをうまく描けるかが最大のポイントですね~

コナンの犯人みたいに、「え???そんな理由で犯人殺しちゃうの???」

みたいな単純な理由だとがっかりですが、

どうして天使が真犯人をかばっているのか

伊月は天使を許せるのか、どうなるんでしょうね。

 

 

しかし・・・毒飲んじゃだめでしょ

解毒剤持ってるって予想してても・・・持ってなかったらどうすんじゃい!!w

 

 

 


🌸 私 的 評 価 🌸
   5 段 階
      
    ★ ★ ★